ページの先頭です。
レミッチ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム > 製品情報 > 薬物動態 > 血漿中濃度(血液透析患者)

薬物動態

血漿中濃度(血液透析患者)

血液透析患者における経口単回投与

血液透析患者16例にレミッチ®(カプセル)2.5µg又は5µgを経口単回投与したとき、未変化体の血漿中濃度推移及び薬物動態パラメータは以下の通りであった。

経口単回投与後の血漿中濃度推移(血液透析患者)

経口単回投与後の血漿中濃度推移
東レ株式会社社内資料(承認時評価資料):血液透析患者における薬物動態の検討

ページの上部へ戻る

血液透析患者における経口反復投与

血液透析患者14~16例に、レミッチ®(カプセル)2.5µg又は5µgを経口単回投与後2日間の休薬の後、12日間1日1回経口反復投与したとき、未変化体の血漿中濃度推移及び反復投与後の薬物動態パラメータは以下の通りであった。
反復投与により、Cmax及びAUC0-∞は単回投与時と比較して増大し、t1/2は延長した。また、反復投与開始後7日以内には定常状態となった。

経口反復投与後の血漿中濃度推移(血液透析患者)

経口反復投与後の血漿中濃度推移
東レ株式会社社内資料(承認時評価資料):血液透析患者における薬物動態の検討

【使用上の注意】「1.慎重投与」の項をご参照ください。

NEXT PAGE ≫ 薬物動態 血漿中濃度(慢性肝疾患患者)

ページの上部へ戻る