ページの先頭です。
レミッチ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム > 製品情報 > 作用機序 > 既存治療抵抗性のかゆみ発現メカニズム

作用機序

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、保湿剤、外用ステロイド剤等が効きにくい(既存治療抵抗性の)かゆみの原因として、ヒスタミン以外のケミカルメディエーター、神経線維の表皮内伸長、内因性オピオイド等が関与するかゆみ発現メカニズムが考えられています。

既存治療抵抗性のかゆみ発現メカニズム

NEXT PAGE ≫ 作用機序 内因性オピオイドによるかゆみ誘発系とかゆみ抑制系

ページの上部へ戻る