ページの先頭です。
レミッチ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム > 製品情報 > 効能又は効果/用法及び用量

効能又は効果 / 用法及び用量

効能又は効果

次の患者におけるそう痒症の改善(既存治療で効果不十分な場合に限る)
血液透析患者、慢性肝疾患患者

用法及び用量

通常、成人には、ナルフラフィン塩酸塩として1日1回2.5µgを夕食後又は就寝前に経口投与する。なお、症状に応じて増量することができるが、1日1回5µgを限度とする。

<用法及び用量に関連する使用上の注意>

  血液透析患者におけるそう痒症の改善の場合
    本剤の投与から血液透析開始までは十分な間隔をあけること。[本剤は血液透析により除去されることから、本剤服用から血液透析までの時間が短い場合、本剤の血中濃度が低下する可能性がある。(「薬物動態」の項参照)]
慢性肝疾患患者におけるそう痒症の改善の場合
    本剤の投与は1日1回2.5µgから開始し、効果不十分な場合に1日1回5µgへの増量を検討すること。

NEXT PAGE ≫ 作用機序 既存治療抵抗性のかゆみ発現メカニズム

ページの上部へ戻る